そもそもSUPって?

実は由緒あるサーフィンスタイル!

ハワイの屈強な身体を持つ伝説的ビッグウェーバー、
レアード・ハミルトンやデイヴ・カラマが波のない時のトレーニングとして取り入れていたスタンドアップパドルサーフィン。(通称SUP・サップ)

レアード・ハミルトンとデイヴ・カラマのスタンドアップパドル

SUPの歴史はとても古く、古代ポリネシア文明にまでさかのぼります。
当時、島民たちがサーフィンをしているところを
ハワイの王様や貴族たちが皆の安全を立って見守るため
カヌーのパドルを使用したことがSUPの原点ともいわれています。

60年代はワイキキ・ビーチで働くビーチボーイたちが、
観光客を載せるアウトリガーカヌーのパドルを使って
ロングボードで波乗りを楽しんでいたため
ハワイでSUPは「ビーチボーイスタイル」とも呼ばれています。

つまりSUPは「由緒あるサーフィン」なのです。

セレブにも人気!

「由緒あるサーフィン」というと難しそうに聞こえますが、
幅の広い大きなSUPのボードは安定感が抜群にいいので
まったくの初心者でもボードに簡単に立つことができます。
(実際にスクールで立てなかった生徒は0人!)

そんなこともあってSUPは
海外のスーパー・モデルやセレブの間でも大ブレイク中!
ピープル誌の「最も美しい100人」に選ばれ
見事表紙を飾った女優のケイト・ハドソンも
SUPに夢中になっているのだとか。

セレブにも人気のスタンドアップパドル

シェイプアップ効果

しかし、スーパー・モデルがSUPにハマるのには
手軽に楽しめること以外にも、理由があります!

それは…

くびれボディ!

とにかくパドルをしているだけで
驚くほどウエストが“キュッ”とクビれてくること。
それがスタンドアップパドルに彼女たちが夢中になる
もう一つの重要な理由なのです。

ウエストがクビれる秘訣は
インナーマッスルと骨盤、肩甲骨へ効果をもたらしてくれること。

トレーニングの難しいインナーマッスルを簡単に鍛えられる!

ボードの上に立っていると
無意識のうちにバランスを取っているために
骨盤付近にある大腰筋、小腰筋、腸骨筋といった
インナーマッスルが鍛えられます。

インナーマッスルの図

これらの筋肉は骨盤の向きや形を補助する
とても大切な深層筋群なのですが、
トレーニングすることがとても難しいとされています。

しかし、SUPはボードの上で微妙なバランスを取るために
インナーマッスルが刺激され、無理なく鍛えられます。
それらの筋肉によって骨盤が矯正されるので
ウエストがすぐにクビれてくるというワケです。
(骨盤ダイエットに近い仕組みですね。)

肩甲骨を鍛えれば体質改善に!

さらにスタンドアップパドルサーフィンでは
上半身を使ってパドルを漕ぐ動作で
肩甲骨を動かす
こともシェイプアップ効果が大きい
もう一つの理由だと言われています。

肩甲骨を動かしてシェイプアップ

蕀上筋、蕀下筋、小円筋などが
肩甲骨周辺にあるインナーマッスルですが、
現代人の生活では机上の仕事が大半で
これらの筋肉を動かすことが少なくなっています。

肩甲骨を動かさないためにインナーマッスルが衰え
基礎代謝の悪い、太りやすい姿勢や体質になり
「猫背」や「ポッコリ腹」「メタボ体型」の原因になってしまいます。
女性が多く抱える慢性的な肩こりや腰痛
その多くは肩甲骨付近の筋肉に原因があります。

そして、これらのインナーマッスルの衰えによって
発生する問題を解消してしまうのが
スタンドアップパドル(SUP)なのです!

ココロにもカラダにも効果的

とはいえどんな効果的なエクササイズだって
つまらなかったら長続きはしません。
その点、スタンドアップパドルは海上散歩みたいなもの。
誰もいない海上でのパドルはヒーリング効果抜群。
週1回のパドルで見違えるような身体になるハズです。

初めてでも安心の体験コース

手軽に初められてシェイプアップも期待できるSUP。
でも、せっかくやるならちゃんとしたやり方で行いたいもの。
OCEANSでは、プロのインストラクターが
受講コース・コンディションに合わせた乗り方の指導をいたします。

逗子海岸

また、OCEANSのある逗子海岸は、両サイドを山に囲まれた約1km四方の湾で、レスキューの目も届くので、大きな事故もなく安心して練習できる環境なのです!

さぁ、海という大自然を楽しみながら
フィットした身体をSUPで手に入れてみませんか?

スタンドアップパドルスクールのご予約はこちらから

動画で予習

このYouTubeの動画は解りやすいですよ!
日本語バージョンを逗子海岸で撮影予定ですが、
それまではこれで予習してください!
※この動画ではサッパーがボードから落ちてボートが離れて泳いでいるシーンがありますが、実際にはすべてリーシュコードを足首に付けて乗ります。そのためボードからほとんど離れません。また泳ぎに自信のない方のためにライフジャケットもカッコ良いデザインを選んで使用しています。またボードが自分の方へ戻って来るテクニックもスクーリングではインストラクションしていますので安全で安心です。

スタンドアップパドルスクールのご予約はこちらから